岡崎ルネサンス

岡崎の“〇”にナるまちのものがたり

伝統行事「花のとう」で 盛り上がる初夏の矢作町

インフォメーション
場所: 愛知県岡崎市矢作町字馬場4 (誓願寺)
ホームページ:
伝統行事「花のとう」で 盛り上がる初夏の矢作町

矢作町の「花のとう」の時期が今年も近づいてきました。不思議でかわいい「占いジオラマ」、旧東海道で繰り広げられる多彩なイベントなど、大人も子どもも楽しめる伝統行事。お出かけ前にぜひご一読を。

 

 

 

境内に出現する

ちょっと不思議な模型

 

 花のとうとは、今年の農作物の出来・不出来を占うこの時期の年中行事です。「おためし」とも呼ばれるこの占いは、農家の人たちが一年の農事の目安としてきたもの。矢作地区はもともと農村地帯で、今でも岡崎市のブランド化推進品目に指定されているイチゴやナスなどが栽培されています。
 その模型が公開されるのは、浄瑠璃姫伝説で知られる古刹、誓願寺。旧東海道沿いに並ぶ出店やイベントも気になりますが、まずは誓願寺にお参りしましょう。
 境内の一隅に瓦屋根のお堂が建っており、中に飾られたちょっと不思議な模型に注目してください。書割の山並みを背景に茅葺屋根の民家と土蔵が建ち、その前には田んぼ、畑、鶏や豚が飼われた囲いがあります。その周りでは老若男女の人形が楽しそうにおしゃべりしたり、日向ぼっこしたり…。手作り感満載で、見ているだけでほのぼのしてくる模型です。
 この模型こそが「花のとう」のメイン。農家の人たちは、模型の作物などの育ち具合を見て、今年の農作物の出来・不出来や、作付する品種などを判断してきたのです。

模型が飾られる年季の入ったお堂

お堂の中に飾られた模型の全景。茅葺屋根の上には2つの神様が祀られています

とても美人な農家の奥さん​が!

そして、とても楽しそうな農家の人たち。豊作を喜んでいるかのよう

 

 

 

行事のルーツは

熱田神宮の豊年祭

 

 この行事の元になっているのは、5月8日に熱田神宮で行われる「豊年祭」です。これは、日本武尊が東征の途上に各地で農耕技術を授けたことに感謝する神事。神宮境内の「おためし所」に畑と田を模した飾りが作られ、県内各地から訪れた人がこれを写し取り、地元の寺や神社で再現します。矢作町のほかにも愛知県内の十数か所で行われています。
 行事の起源は不明ですが、江戸時代の終わり頃には行われていたと考えられています。誓願寺で始まったのは明治5年(1872)で、寺と町を活気づけようと当時の住職が始めたとか。そもそも矢作という地名は日本武尊がこの地で矢を作らせた伝承に由来しており、歴史を大切にする矢作の人たちの気風が、この行事を途絶えさせることなく続けてきたのでしょう。
 誓願寺では花のとうと同時に、お釈迦様の誕生日を祝う花まつりや浄瑠璃姫の供養も行われます。

開催に先だって門前に告知板が掲示されます

お釈迦様に甘茶を掛ける子ども。参拝者には甘茶もふるまわれます

 

 

 


味わいある商店街が

歩行者天国に

 

 花のとうの当日は、歩行者天国になった旧東海道沿いに出店がずらりと並び、普段は落ち着いた雰囲気の町並みもこの日ばかりは人であふれ大いに活気づきます。
 歩行者天国の開始は午前11時。まずは誓願寺境内にある矢作保育園の園児たちによる鼓笛隊が、旧東海道をにぎやかに練り歩きます。同じころ、国道1号の矢作橋駅前交差点付近に設けられたステージではイベントがスタート。矢作中学校、矢作北中学校、岡崎城西高校の生徒たちや地元のサークルなどが、吹奏楽、ダンス、ジャグリング、チアリーディングなどを午後遅くまで次々と披露し、大いに盛り上がります。
 町の中では、祭りにお馴染みの出店だけでなく、町内の商店がそれぞれにブースを出してお客さんとふれあうなど、昔ながらの商店街の雰囲気が味わるのも楽しみ。また、岡崎城西高校の生徒や愛知学泉大学・短大の学生たちも、子ども向けに趣向を凝らしたアトラクションを用意しており、家族で出掛けても一日楽しめます。


旧東海道をゆく保育園児たちの鼓笛隊

ステージイベントは11時から15時まで。スタンプラリーの抽選会やビンゴ大会も

店舗を飛び出して野外営業中。おいしそうなにおいに誘われて行列が


 花のとうに合わせて「矢作の魅力発見!まち歩きツアー」も開催されます。興味のあるかたはやはぎかんにお問い合わせを。

 

 

 

 

 

〇参考文献
『平成27年度 変容の危機にある無形の民俗文化財の記録作成の推進事業 尾張・三河の花のとう』/発行:文化庁文化財伝統文化課)
 
〇ご案内
花のとう
■問合せ:花のとう実行委員会
■電話番号:0564-31-3857(原田書店)
■日時: 平成30年5月13日(毎年5月第2日曜開催)
■場所:誓願寺(愛知県岡崎市矢作町字馬場4)および矢作町旧東海道一帯
 
矢作の魅力発見!まち歩きツアー
■日時: 平成30年5月13日 13:00~16:00
■募集人員:15名(4/15より、やはぎかんに来館または電話で要申込み ※先着順)
■問合せ:岡崎市西部地域交流センター・やはぎかん
■電話番号:0564-33-3665
 

〇関連学区まちものリンク
矢作東学区 矢作東学区まちものがたり

 

〇公開日:2018年4月11日

LINEで送る

Let’s
Share!