岡崎ルネサンス

岡崎の“〇”にナるまちのものがたり

癒しのパワースポットへGO!岡崎の名木めぐり

インフォメーション
場所: 愛知県岡崎市夏山町字ソラ14(寺野の大クス)
ホームページ:
癒しのパワースポットへGO!岡崎の名木めぐり

長い時間が流れても、同じ場所でずっと生き続ける古木や巨木。その圧倒的な存在感にパワーを感じる人も多いはず。行楽シーズンの散策やドライブの立ち寄りスポットに、ぜひ。


 


1000年以上も生き抜いた、

県内屈指の巨木


 岡崎市では地元住民に親しまれていることなどを条件に「ふるさとの名木」を選定しています。今回は、その中から今すぐ見に行ける岡崎市と愛知県の天然記念物をピックアップしてみました。 

 まずは愛知県指定天然記念物の2本を。
 1本目は、こんもりとした丘の上にある寺野薬師堂の境内に立つ寺野の大クス(夏山町字ソラ14)です。推定樹齢1000年以上、樹高約36m、幹周り約9.7mのクスノキですが、圧巻なのは根っこの部分。約6mの断崖に垂れ下がった根は、粘着質の液体がドロッと流れたようなダイナミックな形状で、その幅は何と約10m。畏(おそ)れを抱かせる迫力がありますが、幹や枝を支えるために成長したであろう姿に、どこか、やさしい雰囲気が感じられます。


目前に見えるのは幹ではなく根っこ

大クスの根から幹を見上げる

寺野の大クスと切山の大スギ

 

 

 

 もう1本は、切山の大スギ(切山町字大ゾレ1)。推定樹齢1000年以上のアシウスギです。樹高約38m、幹回り約8.3mの大木から垂れ下がった枝をたどると、その先に1本の木が。そう、この隣り合った大小2本の木は地中で繋がっているのです。土に着いた枝に根が付いて成木になることが、この種類の特徴だそうです。

見どころは無数に伸びる、この枝ぶり

 

 


どうして、そうなった?

個性的なフォルムにくぎ付け!


 ここからは岡崎市指定天然記念物を紹介します。では個性的な樹形の名木を4本。
 1本の大木が二股に分かれた姿を見せるのは、推定樹齢約650年の山中八幡宮のクスノキ(舞木町字宮下8)。均整のとれた2本の幹や立派な樹冠など、全体のバランスの良いところが魅力です。

二股に分かれた1本の幹回りは約4m

 

 


 のたうつ竜に例えられる根張りが特徴なのは、推定樹齢800~1000年の夏山の大スギ(夏山町字イナバ38)。足元で絡み合うように伸びる根に、目が奪われます。

根上がりの大杉とも呼ばれる


八幡宮のクスノキと夏山の大スギ

 

 

 

  “2人でひとつ”と言わんばかりの枝ぶりを見せるのは、推定樹齢約400年の切越の夫婦ヒノキ(切越町字庄作り19)。露出している太い根っこもお見逃しなく。


須佐之男神社の御神木

 

 


 幹形がユニークなのは、推定樹齢400年以上の白山神社の大くす(康生町345-1)。手のひらを上に向けたような幹形は奇形ともいわれ、大変珍しいそうです。

新田白山神社の境内にある

夫婦ヒノキと白山神社の大くす

 



名木にまつわる話も

チェックしてみよう


 では、見た目ではわからないエピソードを持つ名木を2本紹介します。
 徳川家康公との逸話を残すのは天恩寺にある見返りの大スギ(片寄町字山下59)。武田方の刺客から守ってくれた本尊と大スギの方を、家康公が何度も振り返ったことから“見返り”の名が付けられたとか。

家康公の気分で振り返ってみよう

 


 県内でも希少な樹種として知られるのは才栗のイチイガシ(才栗町字上屋敷66)。大木になること自体が大変珍しいとのこと。周辺に同じ木がないので、御神木として移植されたものと考えられています。

白髭神社の境内ある

 

 

 最後に豆知識を。みなさんは岡崎市の木をご存知ですか?正解は、藤川のまつ並木(藤川町地内)で見られる「みかわくろまつ」です。ぜひ覚えてくださいね。
 ※福岡小学校にある「土呂陣屋の松」も「みかわくろまつ」です。

藤川のまつ並木

 

 

 


 
○参考資料:
岡崎市「ふるさとの森・名木」
愛知県「文化財ナビ愛知」

 

○参考文献:
「ぬかた町文化財めぐり」/発行:額田郡額田町教育委員会
「岡崎の名木」/編集・発行:岡崎生物調査研究会
「岡崎市郷土の名木」/発行:岡崎市樹木調査委員会
「ふるさとの名木と森・岡崎市」/編著:大石収弘

 

○ご案内
岡崎市観光協会「岡崎おでかけナビ」(岡崎名木めぐり・行きたいリスト)

 

○関連学区まちものリンク:
夏山学区まちものがたり
形埜学区まちものがたり
山中学区まちものがたり
生平学区まちものがたり
連尺学区まちものがたり
豊富学区まちものがたり
秦梨学区まちものがたり
藤川学区まちものがたり


○公開日:
2018年6月11日

LINEで送る

Let’s
Share!